Brand Story

brand-story-eyecatch-201512

1989年、星文子のジュエリー製作工房としてスタート。東京芸術大学彫金科で学んだ高い芸術性と技術、丁寧な仕事を大切にしてひとつひとつ手作りで製作しております。

その理念と技術を次世代に伝え、若い方にも本当に美しい永遠に愛されるジュエリーを身につけていただきたいとの想いから2001年にブライダルブランド「pommier」が誕生しました。

pommier(ポミエ)とはフランス語で「りんごの木」を意味しております。

ポミエの指輪は美しくて夢のある、繊細なジュエリーが特徴です。

【2001年からのポミエコレクション】

2001年からのポミエコレクション01

2001年からのポミエコレクション02

2001年からのポミエコレクション03

2001年からのポミエコレクション04

2001年からのポミエコレクション05

2001年からのポミエコレクション06

身につけた、ひとりひとりの宝物となる指輪。

毎日つけるものなので、「派手できらびやかなもの」より、植物のように、しなやかに葉や花が寄り添いあい実を結び、優しく温かい気持ちになるジュエリーを生み出しております。

Designer Profile

brand-story-profile01

星芽生(ホシメオミ)

1976年、東京生まれ

多摩美術大学グラフィックデザイン写真専攻卒業。

卒業後は、写真を続けながら、母、星文子の影響で彫金をはじめる。

2001年より「pommier ポミエ」のデザインに携わる。

2004年より、ポミエブランドのプロデュースを担当。

2011年には冠婚葬祭のブランド「shuo’/シュオ」を立ち上げる。

http://shuo.jpn.com

私は子供の頃、拾いあつめた葉っぱや植物の種子 美しい色の石や貝を並べては、うっとり眺めるのが好きでした。

大人になってからは、宝探しに行くように蚤の市へと足を運び 世界でひとつだけの繊細で美しいアンティークのジュエリーを 白いニットなどにさりげなく、身につけたりしています。

彫金をはじめて20年経ちます。

何かを初めてつくるときは、いまでも胸がときめく瞬間です。

基本的な彫金の技術に加えて、繊細な作業のワックス技法で 小さな花や葉のパーツをつくり、2015年に発表したポミエの「小枝花12か月エンゲージリング」は私の代表的な作品となっております。

brand-story-ring-photo01-b