世界にひとつだけ。貝殻で作ったO様のマリンテイストリング

オーダーストーリー
世界にひとつだけ。貝殻で作ったO様のマリンテイストリング

海が好きということで、貝を使ったリングを作ることができるか問い合わせてくださったO様。

お話をうかがって、O様が沖縄の海で拾ったという貝殻を使って、「貝と珊瑚をイメージしたリング」を制作することになりました。

後日、その貝殻を持参していただくと、リングへ使うサイズとして見事にぴったりでした。
指輪にしたら本当に可愛らしい小さくて繊細な貝殻を、うまく型取れるか、まずはそれを試してみてから・・・。貝殻はやや薄めでしたが、型取りは問題なし。

実際に指輪にできると確信してから、お見積もりをご案内。
そして、制作がスタートしました。

パーツ作成からフィッティングまで

ベースは、ポミエの小枝リング。これを珊瑚に見立てて、パーツを組み合わせていきます。貝殻モチーフと組み合わせることで、小枝リングが一気にマリンテイストに変身!

O様のリングはリクエストをいただき、貝殻はイエローゴールドとプラチナの2色をご用意しました。

オーダーいただいた金属でパーツを作り、ベースが揃ったところで実際にリングをはめていただくサイズフィッティングをします。

フィッティングと同時に、組み立てのバランスや石留めのご希望なども伺って、さらに理想へと近づけていきます。

何度か綿密な打ち合わせをして、ダイヤモンドが見えるように貝を重ねるデザインに決定しました。見本のないものをお作りするので、実物のパーツを見ながらデザインを決定していくのが一番です。

細かいバランスはこちらにお任せしてくださるということで、「かならず、可愛く素敵にします」とお約束して、フィッティングは無事に終了。

信頼してくださったうえで、のちの工程を任せてくださるO様のお気持ちに、背筋がピッと伸びる思いでした。

少しの違いで良し悪しが決まる小さい世界

指のうえで輝くリング。小さい世界ながら、パーツの位置やバランスなど、ほんの少しの違いで仕上がりのよさがまったく変わってしまうのです。

バランスをどうしたら一番素敵になるか、オーダーリングは特に悩みどころです。あれこれ角度を試しながら、組み立てていきます。

ベストな配置が決まったところで、脇石には海の似合う夏をイメージして、O様のご希望で真っ赤なルビーを留めました。

お渡しの日に、このリングを見て大変喜んでくださったO様。

「すっっっっっごく素敵な指輪にしていただいて、ありがとうございました。笑顔がとまりません♡♡ 星さん、作ってくださったスタッフさん、イメージがもやっとしていたのにもかかわらず、素敵な指輪に仕上げてくださって、本当にありがとうございました♡大切にします♡」と、あたたかい思いが伝わってくるお言葉をいただき、スタッフ一同、ホッとすると同時に、とてもうれしく思いました。

難しいかも…と思うデザインやリクエストも、ぜひポミエに相談してみてください。
これから海外挙式やビーチウェディングなどをお考えの花嫁様、想い出に残るエンゲージリング・マリッジリングをお作りになってみるのはいかがでしょうか?

お客様の声をしっかりを聞いてベストなデザインを追求するポミエなら、理想のリングをつくるお手伝いができるかもしれません。